Origami doctor's diary

歯科麻酔学会認定医試験勉強のアウトプット用ブログです。参考とした教科書や参考書、関係のない読書本も紹介します。

2019.2.25 MGH輪読会

今日から一人参加者が減ってのスタートです。

 

P37-44

Ⅳ.麻酔と手術が肺機能に与える影響

 A.呼吸力学とガス交換

 B.呼吸調節

 C.手術への影響

 D.線毛機能に対する影響

Ⅴ.肺疾患での術前処置

 A.術前処置

 B.術中管理

 C.術後管理

 D.内科的治療

Ⅵ.前投薬

 A.酸素投与

 B.術前β作動薬

 C.抗コリン薬

 D.ヒスタミン拮抗薬

 E.ベンゾジアゼピン

 F.オピオイド

Ⅶ.麻酔法

 A.末梢神経ブロック,局所麻酔

 B.脊髄くも膜下麻酔,硬膜外麻酔

 C.全身麻酔に硬膜外麻酔併用

Ⅷ.術後管理

 

4 腎疾患患者での注意事項

Ⅰ.概要

Ⅱ.生理学

 A.腎血流の調整

 B.体液制御

 

顧問より 

・V/Qの上の点について

→ドットは生理学で読み方を規定されており,単位時間あたりのと意味も明確なのでブイドットと読むようにしてください.

 

・N2O吸入は加湿しているが,以前の論文で乾燥したガスの場合1時間で線毛機能が低下したという報告がありました.

 

 

 

P38

インセンティブスパイロメトリ

上腹部手術や低肺機能の患者に対して行う吸気努力訓練器

フローインジケーターが見やすいため目標が設定しやすい

 

P39

メチルキサンチン(アミノフィリン)

高齢者,うっ血性心不全,肝疾患患者,シメチジン,プロプラノロール,エリスロマイシンを服用患者では代謝が遅れるので投与量を減量する.

→シメチジン,プロプラノロールは歯科麻酔学のリドカインの代謝の項と同じ.エリスロマイシンは肝代謝だからということだろう.

 

ステロイド

全身性副作用を軽減できる吸入投与が望ましい(例えばflunisolideをMDI:定量噴霧式吸入器で2吸入,6時間ごと)

 

P40

モンテルカスト(ロイコトリエン修飾薬)は,ロイコトリエン受容体を遮断する事で抗炎症作用を発揮.

起こりうる作用として肝機能障害と好酸球性血管炎(Churg-Strauss症候群)

→チャーグ・ストラウス症候群は血管炎により,梗塞や出血,痺れ,筋力低下をきたす.