Origami doctor's diary

歯科麻酔学会認定医試験勉強のアウトプット用ブログでした。参考とした教科書や参考書などを紹介します。現在は障害者歯科学会認定医勉強用になりました。

2019.2.4 MGH輪読会

今日はオープン参加してくれた先生も含めての開催です。

 

Page 22-28

Ⅴ.虚血性心疾患

 A.病態生理

 B.酸素供給量

 C.酸素消費量

 D.酸素需給バランス

Ⅵ.弁疾患

 A.大動脈弁狭窄症

 B.大動脈弁閉鎖不全症

 C.僧帽弁狭窄症

 D.僧帽弁閉鎖不全症

Ⅶ.うっ血性心不全

 A.病因

 B.病態生理

 C.麻酔管理上の問題点

Ⅷ.肥大型心筋症

 A.麻酔管理上の留意点

Ⅸ.先天性心疾患

 A.概説

Ⅹ.心臓移植患者

 A.移植心の病態生理

 B.麻酔管理上の留意点

 

幹事より

「MGHの現本は麻酔関連の辞書代わりにもなるので是非購入を検討してください.今回の範囲は臨床に即していてとても良いです.ただし,あくまで概要であり,全てを網羅しているわけではないのでその点は自分で補填していってください.」

 

P22

Laplaceの法則

壁の内外の圧力の差をΔP,壁の張力をT,凹面の曲率半径をRとした時,球ならばΔP=2T/R

つまり,壁張力は圧較差と半径に比例し,心室壁厚に反比例する.

 

P23

大動脈弁狭窄症は,周術期の心筋虚血,心筋梗塞,死亡のリスク増加に直接関係する唯一の弁疾患である.

 

P24

大動脈弁狭窄症に対して硝酸薬や毛細血管拡張薬は慎重に投与する.

→低血圧を避けるため.

 

P24

大動脈弁閉鎖不全症

大動脈根部を拡張させる病態(大動脈瘤,Marfan症候群,梅毒)

Marfan症候群:動脈が脆弱に.

梅毒:感染によって血管が脆弱に.

 

P24

大動脈弁閉鎖不全症の場合,大動脈内バルーンパンピング(IABP)は絶対的禁忌である.

 

P26

肥大型心筋症

流出路狭窄を悪化させない(動脈圧低下,心室内容積減少,心収縮性増加,心拍数増加などが悪化させる原因)

 

P27

移植心

交感神経系の神経再生は時間をかけて起こるが,副交感神経が再生することはない.

Frank-Starling効果は正常に保たれる.

:心筋は弛緩期に進展していればしているほど強い収縮力を発生する.

自律神経系は徐神経となっているので,自律神経系を介する薬物は無効(アトロピン,ジゴキシン).

直接作用する薬物は有効(イソプレナリン,ドパミン,アドレナリン).