Origami doctor's diary

歯科麻酔学会認定医試験勉強のアウトプット用ブログです。参考とした教科書や参考書、関係のない読書本も紹介します。

各反射について

第42回日本歯科麻酔学会認定医試験問題

その2

3.脳虚血時に血圧上昇と徐脈を示すのはどれか.1つ選べ.
a. Moro反射
b. Ashner反射
c. Cushing反射
d. MacDowall反射
e. Bainbridge反射

 

麻酔専門医試験56A9

心拍数が上昇するのはどれか.2つ選べ.

a. Bainbridge反射

b. Bezold-Jarisch反射

c. Cushing反射

d. 眼球心臓反射

e. 血管迷走神経反射

 

麻酔専門医試験55A26

受容体が右房にあるのはどれか.

a. Aschner反射

b. Bainbridge反射

c. Bezold-Jarisch反射

d. Cushing反射

e. Hering-Breuer反射

 

 

このように反射を並べて選択肢にする問題が出題されている.

第7版P37に循環反射については記載されているが,他にも反射は存在するため,第7版PDFで”反射”検索で引っかかったものを列挙していく.

 

P37の循環反射について

・圧受容体反射baroreceptor reflex

(動脈圧受容体反射と心肺圧受容体反射)

f:id:hakasenoorigami:20180508080953j:plain

圧上昇に対して,抑制する反射.”心臓は迷走神経”と覚える.交感神経で末梢の血管に作用させる場合は,心臓近くの迷走神経を経由してから末梢へ.

 

・Bainbridge反射,MacDowall反射

心臓促進反射

静脈還流が急激に増大し,右心房・大静脈壁中の伸展受容器strech receptorが刺激され,心拍数増加.

逆に,静脈圧が低下すると心拍数が減少し,血管収縮をきたす反射をMacDowall反射という.

※レインボーブリッジ(神奈川,千葉からの渋滞緩和の目的で作られた橋)が,押し寄せてきた静脈還流を上手く心室(中枢=東京)へ流すため,心拍数を増やす.ただし,静脈還流が低下している場合には,この橋は不要なので,マックの壁(wall)で閉鎖してしまう=心拍数減少,血管収縮.

 

・化学受容器反射chemoreceptor reflex

f:id:hakasenoorigami:20180508085744j:plain

・眼球心臓反射oculocardiac reflex

眼球圧迫による徐脈反射.別名Aschnerの反射.

これだけは,過去に文献読んだので覚えているが‥

※くだらないが,目を圧迫しゅると徐脈になって寝る

 

・呼吸心臓反射respirocardiac reflex

肺胞の拡張により肺内の伸展受容器が刺激されると心拍数が増加する反射.

吸気時に心拍数が増加し,呼気時に減少する反射.

深呼吸の吸気は,意識的に深く吸うので交感神経系,呼気は無意識に行うので服交感神経系と覚える.

 

・Cushing反射

頭蓋内圧の上昇などにより脳血流量が減少すると,脳への血流を保つために交感神経が刺激されて心拍数・心収縮力の増加や血圧の上昇が起こる.結果として,頸動脈小体と大動脈小体などの圧受容器が刺激され徐脈となる.

※頭蓋内圧の上昇で脳血管(C)がクシュっと潰されて脳血流量が減少するイメージで.

※追記 

脳灌流圧(CPP)=平均血圧ー平均頭蓋内圧(ICP)

CPPは50~150mmHgで自動調節能あり.ICPが上昇し,平均血圧を上回ると脳血流が途絶.これを解消しようとして血圧を上昇させ脳血流を維持する反応がCushing現象.

 

・腸間膜牽引による反射

腸間膜牽引操作により,頻脈や顔面紅潮を伴う突然の血圧低下が反射性に起こる.詳細は不明.

 

 

・Bezold-Jarisch反射

歯科麻酔学の教科書には載っていないが‥

左室伸展受容器の刺激が迷走神経によって伝えられ,反射性の迷走神経刺激による徐脈や血圧低下,冠動脈拡張が生じる.この反射は脊髄くも膜下麻酔に認められる極端な徐脈や心停止の原因と考えられている.

 

脊髄くも膜下麻酔の場合に起こりやすい反射なので,単語は並んでも正解選択肢にはなりづらいか‥?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他の反射

 

・Hering-Breuer反射

P21.気管や気管支の膜様部や平滑筋線維間に存在する伸展受容器は気道内の圧上昇に反応し,吸気を停止させ呼気へ移行させる反射.

※Hは気管支と肺のマークと覚える.

 

・運動ニューロンの障害部位と症状

f:id:hakasenoorigami:20180508215913j:plain

上位の場合,過度の筋収縮を抑制する線維が障害されるため,腱反射やBabinsky反射は亢進する.

下位の場合は,正座で足しびれた時の様なイメージ.単純に動かず,そのままだと筋萎縮し,弛緩性麻痺.ただし,しびれてるので,線維束収縮のみは出現.

 

・脳性麻痺患者の反射抑制体位

P465.Bobath体位