Origami doctor's diary

歯科麻酔学会認定医試験勉強のアウトプット用ブログです。参考とした教科書や参考書、関係のない読書本も紹介します。

心肺蘇生法

年に1回,診療所での心肺蘇生訓練があるため,概要は体で覚えているが,細かい部分や試験問題として出すなら,という部分のみをピックアップしてまとめていく.

また,歯科麻酔学第7版では2010を元に記載されているため,2015での変更点やJRCとAHAの違いについてまとめていく.

 

言葉の定義

心肺蘇生:cardiopulmonary resuscitation(CPR)

一次救命処置:basic life support(BLS):CPR及び自動体外式除細動器automated external defibrillator(AED)を用いたもの

二次救命処置:advance life support(ALS)

小児の一次救命処置:pediatric basic life support(PBLS)

小児の二次救命処置:pediatric advance life support(PALS)

新生児の蘇生:neonatal CPR

 

救命の連鎖

2015JRC

①心停止の予防

②心停止の早期認識と通報

③一次救命処置(心肺蘇生とAED

④二次救命処置と心肺再開後の集中治療

2015AHA

IHCA(院内心肺停止)

①監視及び予防

②認識及び救急対応システムの出動要請

③即時で質の高いCPR

④迅速な除細動

⑤ALS及び心肺再開後の治療

OHCA(院外心肺停止)

①認識及び救急対応システムの出動要請

②即時で質の高いCPR

③迅速な除細動

④救急医療サービス

⑤ALS及び心肺再開後の治療

 

心停止の判断

Q.心停止を判断する基準として正しいのはどれか.

呼吸がないか異常な呼吸が見られる場合(死戦期呼吸gasping)は心停止と判断する.死戦期呼吸とは,心停止直後数分間にみられる,しゃくりあげるような不規則な呼吸.

 

心停止の判断の際の脈拍触知

JRCは熟練者以外は行わなくてもOK.AHAは行うとしている.オピオイド中毒での呼吸抑制のみの場合が多い,アメリカとの違い.

 

胸骨圧迫の深さ,回数

2015では回数は100~120bpmへ変更.

深さは

成人:JRCで約5cm,6cm未満.(平均4.56cmで予後良好)

   AHAで少なくとも5cm,6cm未満

小児:JRCで胸郭の1/3(体格小さく5cmは深すぎる)

   AHAで胸郭の1/3(約5cm),乳児は1/3(約4cm)

 

人工呼吸が上手くいかない場合

Q.口対口の人工呼吸が上手くいかない原因はどれか.

3つあり

1)不十分な気道確保

2)不十分な鼻のつまみ方

3)術者の開口不足

 

AED装着

小児用パッドの使用は乳児を含む未就学児まで.就学児以上は成人用を使用.

小児用パッドを就学児以上に用いることは,エネルギー量が低いので禁忌.

JRCの場合であって,AHAでは8歳未満のようだ.

 

心停止4種類

心静止asystole:電気活動も機械的活動もみられない.

無脈性電気活動pulseless electrical activity(PEA):電気活動あるが機械的活動なし.

心室細動ventricular fibrillation(VF):AED適応

無脈性心室頻拍pulseless ventricular tachycardia(pulseless VT):AED適応

 

無脈性心室頻拍の無脈性かどうかは心電図だけではわからないため,AEDは心停止,すなわち意識がなく,呼吸がないか異常な呼吸(死戦期呼吸)がみられる患者のみに使用する.

Q.AEDの電気ショックの対象となるのはどれか.二つ選べ.

Q.AEDを心停止の場合にのみ使用する理由を述べよ.

 

電気ショック

概ね二相性で,150J程度のエネルギー(15kgのものを1m持ち上げるエネルギー)

5mm秒で正方向に1,600V,3mm秒で逆方向に1,100V.

小児・乳児では4J/kgに設定する.

 

Q.CPRを中止しても良い場合2つ選べ.

1)院内救急チームや救急隊などに引き継いだ場合

2)自己心拍再開return of spontaneous circulation(ROSC)と判断できる場合

 

Q.ハイムリック法の正しい方法を選べ.

握りこぶしの親指側を腹部に当て,反対の手を添えて腹部突き上げ法を行う.押さえる場所は腹部正中のヘソの少し上部.

 

JRCとAHAの違いについては,こちらのブログを参照しました.また,掲載にあたり,岡本光宏先生の許可を頂きました.先生,ありがとうございます.

pediatrics.bz