Origami doctor's diary

歯科麻酔学会認定医試験勉強のアウトプット用ブログです。参考とした教科書や参考書、関係のない読書本も紹介します。

2019.4.15 MGH輪読会

p94-101 Ⅵ.副腎髄質疾患 A.生理学 B.褐色細胞腫 Ⅶ.下垂体疾患 A.下垂体前葉 B.下垂体後葉 Ⅷ.カルチノイド A.カルチノイド腫瘍 B.カルチノイド症候群 C.臨床所見 D.治療 E.麻酔管理上の留意点 p94 褐色細胞腫 術前の診断が大切であり,術中に診断…

2019.4.8 MGH輪読開

p88~94 Ⅳ.カルシウム代謝と副甲状腺疾患 A.生理学 B.血清カルシウム C.高カルシウム血症 D.低カルシウム血症 E.副甲状腺の手術 Ⅴ.副腎皮質疾患 A.生理学 B.薬理学 C.原発性アルドステロン症 D.グルココルチコイド過剰症 E.副腎皮質機能低下症 p8…

2019.4.1 MGH輪読会

本日より研修医が一人新たに参加となりました。 p80-87 G.糖尿病患者の麻酔管理上の留意点 Ⅱ.低血糖 A.病因 B.症状と徴候 C.麻酔管理上の留意点 Ⅲ.甲状腺疾患 A.生理学 B.評価と検査所見 C.甲状腺中毒症 D.甲状腺機能低下症 E.甲状腺手術 p80 血…

2019.3.25 MGH輪読会

p69-80 Ⅴ.肝疾患患者の手術リスク A.死亡率 B.リスク評価 C.術前評価 D.術前補正 Ⅵ.肝疾患患者の麻酔 A.麻酔を行う際 B.区域麻酔 C.静脈ライン D.麻酔計画 E.迅速導入 F.モニター G.抜管のタイミング H.術中に注意すべき事 6内分泌疾患患者で…

2019.3.18 MGH輪読会

p63-p69 5 肝疾患患者での注意事項 Ⅰ.肝臓の解剖 A.肝臓の構造 B.肝血流 Ⅱ.肝機能 A.合成と貯蔵 B.分解 C.薬物代謝 Ⅲ.麻酔薬の代謝 A.静脈麻酔薬 Ⅳ.肝疾患 A.肝疾患分 B.肝疾患の症状 p63 肝血流は25%が肝動脈からの血流で,肝臓で消費される酸…

2019.3.11 MGH輪読会

p52-61 C.腎不全の原因 Ⅳ.薬理学と腎臓 A.利尿薬 B.ドパミンとfenoldopam C.腎臓に対する麻酔薬の影響 Ⅴ.薬理学と腎不全 A.脂溶性薬物 B.イオン化薬物 C.血管作動薬 Ⅵ.麻酔管理 A.術前評価 B.術中管理 C.術後管理 p52 ネフローゼ症候群:尿タン…

2019.3.4 MGH輪読会

p44-p52 4.循環血液量 5.浸透圧平衡 6.1日の成人の水分摂取量 C.電解質平衡 1.ナトリウム平衡の障害 2.カリウム平衡の障害 D.腎外性の調節・代謝機能 1.エリスロポエチン 2.ビタミンD 3.副甲状腺ホルモン 4.ペプチドホルモン Ⅲ.腎不全…

2019.2.18 MGH輪読会

今日で研修医が一人,参加最後です. P28-P37 Ⅺ.ペースメーカ A.機能 B.適応 C.永久ペースメーカ植込み患者の術前評価 D.術中管理 E.周術期の一時的ペーシング法 F.植込み型除細動器(ICD) 3 肺疾患患者での注意事項 Ⅰ.概要 Ⅱ.肺疾患の分類 A.閉…

2019.2.25 MGH輪読会

今日から一人参加者が減ってのスタートです。 P37-44 Ⅳ.麻酔と手術が肺機能に与える影響 A.呼吸力学とガス交換 B.呼吸調節 C.手術への影響 D.線毛機能に対する影響 Ⅴ.肺疾患での術前処置 A.術前処置 B.術中管理 C.術後管理 D.内科的治療 Ⅵ.前投薬…

2019.2.4 MGH輪読会

今日はオープン参加してくれた先生も含めての開催です。 Page 22-28 Ⅴ.虚血性心疾患 A.病態生理 B.酸素供給量 C.酸素消費量 D.酸素需給バランス Ⅵ.弁疾患 A.大動脈弁狭窄症 B.大動脈弁閉鎖不全症 C.僧帽弁狭窄症 D.僧帽弁閉鎖不全症 Ⅶ.うっ血性心…

2019.1.28 MGH輪読会

今日、ようやく全員揃いました。 めでたしめでたし。 Page 12-22 Ⅹ.診療録の記載 Ⅺ.手術当日の前投薬 A.鎮静薬と鎮痛薬 B.抗コリン薬 C.制吐薬 D.誤嚥のリスクを下げる薬物 Ⅻ.手術の延期 A.最近の心筋梗塞 B.新たに出現した不整脈 C.凝固障害 D.…

2019.1.21 MGH輪読会

2019.1.21 7:30~院長室 MGH輪読会 今日も研修医一人不参加です。 いつになったら全員揃うのか。 Page 6~12 Ⅴ.検査所見 A.血液検査 B.血液生化学検査 C.心電図 D.胸部X線写真 E.肺機能検査 Ⅵ.術前の内科的疾患の最適化 A.高血圧 B.冠動脈疾患 C.抗…

2019.1.7 MGH輪読会

本日より,麻酔の朝の輪読会がスタートしました。 指導施設の教育事業です。 この事業を幹事と一緒に責任を持って行うことになったため,各回の記録と,予習復習内容を書き留めてゆこうと思います. 最初に幹事より一言いただきました。 「ご存知の通りMGH麻…

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方 筒井冨美 読みました。 ここ最近読んだ本の中で(他の本に関しては別ブログに記載)一番面白かったです。 厳しい教官だったんだろうなあと思いましたが、おっしゃっている事がどれも本質をついていて読んでいて非常に面…

第43回歯科麻酔学会認定医試験のまとめ〜その3 選択61ー90問

◆はじめに これはあくまで個人の回答であり,解答は示されていません. 僕の回答した選択肢でおそらく正解を a. と赤文字で示します. 僕は回答したものの,おそらく間違いの選択肢を b. と青文字で示します. 僕が回答していない選択肢だが,おそらく正解の…

第43回歯科麻酔学会認定医試験のまとめ〜その3 選択31ー60問

◆はじめに これはあくまで個人の回答であり,解答は示されていません. 僕の回答した選択肢でおそらく正解を a. と赤文字で示します. 僕は回答したものの,おそらく間違いの選択肢を b. と青文字で示します. 僕が回答していない選択肢だが,おそらく正解の…

第43回歯科麻酔学会認定医試験のまとめ〜その3 選択1ー30問

◆はじめに これはあくまで個人の回答であり,解答は示されていません. 僕の回答した選択肢でおそらく正解を a. と赤文字で示します. 僕は回答したものの,おそらく間違いの選択肢を b. と青文字で示します. 僕が回答していない選択肢だが,おそらく正解の…

第43回歯科麻酔学会認定医試験のまとめ〜その2 大問5題

問1.麻酔導入時の気道管理について,日本麻酔科学会(JSA)の気道管理アルゴリズム(JSA-AMA)に基づいて,その要点を説明せよ. →問としては,出どころも明瞭で答えもはっきりとしている. 僕としては,この問が一番回答しづらかったです.過去問は3年分…

第43回歯科麻酔学会認定医試験のまとめ〜その1

H30.8.25,26に歯科麻酔学会認定医試験を無事終えました。 1週間が経過し,合格通知も届き、登録を済ませました。 時間に余裕が出来たので,今回の試験のまとめを行いたいと思います。 目的は,これから試験を受ける方が直面するであろう問題を解決すること…

急性・慢性心不全診療ガイドライン-歯科麻酔試験対策

昨日,新聞の記事で見つけたガイドライン. 歯科麻酔との関わりは濃くはないが,全身状態の評価という点で重要ではあるので記載. LVEFによる分類 ・HFrEF(Heart failure with reduced ejection fraction)LVEFの低下した心不全 LVEF40%未満 ・HFpEF(Heart…

歯科用局所麻酔薬・毒性

最初に中枢神経症状が現れる. 初期症状として,最初に多弁や興奮など.次いでろれつが回らなくなり会話が不明瞭に.口唇周囲や舌の痺れ感と顔面筋及び四肢遠位端から始まる振戦も見られやすい. 自覚的には浮遊感,めまい,焦点が合いにくい,耳鳴りなど. …

歯科用局所麻酔薬・化学構造から薬物動態までのまとめ

ほとんどの局所麻酔がベンゼン環を含む芳香族残基とアミノ基を有しており,分子量は概ね250~300程度. 芳香族が疎水性(脂溶性)で,アミノ基が親水性. 図のNを中心として考えると,R≡Nの状態となり,これを3級アミンorベースと呼ぶ. 局所麻酔は脂溶性が…

有病者歯科医療学会認定医試験2017→歯科麻酔認定医試験2018

有病者歯科医療学会の事務局に問い合わせたところ,2017年2月の試験問題(2016年度)の試験問題は学会誌に載っていた.しかし,2018年2月の試験問題(2017年度)は,9月にならないと学会誌が発行されないとの事であった.歯科麻酔の試験が終わった後に発行な…

2017日本障害者歯科学会認定試験→2018歯科麻酔認定医試験対策

2017年障害者歯科学会認定試験を解く.解答はついていない. 歯科麻酔学第7版と照らし合わせ,関連する問題をピックアップ. 2016障害者→2017歯科麻酔の関連性は調べていない(時間もないので) 4.脳性麻痺で最も多いのはどれか.1つ選べ. a. 痙直型 b. …

2018.7.8 ブラックジャックは遠かった・ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

2018のGWより日曜祝日は北大の図書館で朝から試験勉強を行なっている. このブログを開始したのも,インプットだけでなくアウトプットの練習も必要と思い,また直前に見直す物を作りたいと考えたからだが,図書館に入るとついつい本を手に取ってしまう.GWか…

有病者歯科医療学会認定医試験2016→歯科麻酔認定医試験2018 その2

まとめていくと,案外,歯科麻酔認定医試験と関わりがありそうな事がわかったため,2回に分けて記載していく. また,2017,2018の試験問題については学会の事務局に問い合わせのメールをした. 23.クモ膜下出血の警告症状は.1つ選べ. a. 高血圧 b. 胸…

有病者歯科医療学会認定医試験2016→歯科麻酔認定医試験2018

関連学会という事で,有病者歯科医療学会の認定試験を解いた. ただし, 2016年度試験が第5回という事で,試験開始から浅い事. 2017年度の試験問題は学会誌に載っていない(そもそも学会誌が不定期)のは開催がなかったから? 問題は載っているが回答はな…

ペインクリニック専門医認定試験→歯科麻酔認定医試験対策

ペインクリニック専門医認定試験2017 Ⅰ-4.Ramsay-Hunt症候群について簡潔に述べてください 水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)によって生ずる顔面神経麻痺を主徴 顔面神経の膝神経節に潜伏感染したVZVウイルスの再活性化による 耳介や外耳道の帯状疱疹,顔面神経…

周術期管理チーム認定試験2017→歯科麻酔認定医試験対策

周術期管理チーム認定試験は,麻酔学会HPにリンクされている認定制度で,看護師などを対象とした認定制度. 2016の認定試験を一通り目を通したが,2017歯科麻酔認定医試験に直結している問題はなかった.ただ,試験問題は,麻酔専門医試験や輸血学会e ラーニ…

悪性高熱症・悪性症候群

Dr.Nからの宿題.悪性症候群についてリスクや診断についてまとめておく様に. ◆悪性高熱症 骨格筋が持続的に収縮し硬くなる.筋弛緩薬によって改善しないことから,神経筋接合部よりも末端側つまり骨格筋自身の問題.Ca放出機構の異常が考えられている. →Ca…